浮気の慰謝料が払えない!と言われた場合

浮気の慰謝料が払えない!と相手に言われた場合はどう対応するべきか

 

夫や妻に浮気をされた心の傷は、簡単に癒えるものではありませんが、せめて慰謝料という形で償ってもらいたい、と思うのは当然のことです。

 

test

 

 

不貞行為は不法行為であり、浮気をした夫や妻、そしてその相手に対して、慰謝料を請求する権利があります。

 

 

 

請求する相手が夫や妻であり、離婚するのであれば、貞操義務を破った夫や妻に払ってもらうと良いでしょう。

 

 

test

 

 

離婚しないのであれば、事実上財布が一つである配偶者に請求しても仕方がありませんから、浮気相手に請求していくことになります。

 

 

 

請求した額を素直に支払ってくれれば良いのですが、反論もせずに支払いに応じる相手は残念ながらほとんどいません。

 

 

請求しても無視してきたり、払えないと開き直ってきたりします。

 

 

減額や分割払いを申し出てきた時は、まだ話し合いの余地があります。

 

 

問題は、払いたくても払えない、と開き直ってきた時です。

 

 

本当に払えないのか、払いたくないのかこちらには分かりませんので、それ以上言えなくなってしまいます。

 

 

そんな時は、いくつか対処法がありますので、状況によって対応をしていきましょう。

 

 

浮気相手が慰謝料を支払えない意思を示した場合の対応方法

 

test

 

まず、相手の勤務先が分かっていて、収入はあるが貯金がないのでまとまった金額は払えない、と言っている場合です。

 

 

その場合は、収入があるなら「分割でも良い」と提案して支払ってもらいましょう。

 

 

万が一、浮気相手が「月に1万円も払えない」などと言ってきたら、それはあまりにも誠意がありませんので裁判を起こすことを考えたほうが良いでしょう。

 

 

収入があれば強制執行が可能ですから、取りっぱぐれる心配もありません。

 

 

 

相手が無職の専業主婦の場合や、強制執行をする前にすぐに辞めてしまいそうなフリーターであった場合は、諦めるのも一つの方法です。

 

 

借金をしろ、働け、などと言うのは脅迫になりますので、言ってはいけません。

 

 

 

そもそも離婚しない場合、最も責任の重い配偶者を許していることになりますので、裁判をしても浮気相手からは大したお金は取れません。

 

 

仮に無理矢理支払いの約束をさせたとしても、実は陰で配偶者がこっそりお金を渡しているのが関の山です。