旦那 浮気 体験談

夫のスマホの指紋認証を突破してみたら浮気の痕跡を見つけてしまった

私は結婚8年目の35歳の専業主婦です。
子供は5歳と4歳の男の子の2人がおり、育児と家事が中心の毎日です。

 

旦那さんは、薬品会社の営業として病院などに出向く外回りの仕事をしており、ほぼ毎日といってもよいくらい残業があるため、帰りは夜の8時前後が多いです。

 

それでも、帰宅後は子供と遊ぶなどしてくれていたのですが、半年くらい前から帰りが11時すぎや日付が変った頃に帰宅する日も目立ち始めました。

 

その頃から子供達はすでに寝ているため、あまり子供と遊ぶこともなくっていったのです。

 

旦那さんは土日が基本的にお休みなのですが、最近は病院の先生や理事などの方の接待と称してゴルフだのなんだのと、土日でも出かけてしまい、帰りは暗くなってからという事も少なくありません。
毎週という訳ではなく、家に居るときは子供の相手もするのですが、何かおかしい気がしています。

 

夜の夫婦のアレも、その頃から全くなくなりました。
子供が2人いるのであまり無かったと言えばそうなのですが、この半年は全くありません。

 

気にし過ぎかもしれませんが、暇さえあればスマホをいじっているのも不安でした。

 

そのうち私の中に芽生えたのは「この人、まさか浮気してないよね・・・」
という思いでした。

 

旦那さんの変化に不安を感じてしまった私が取った行動

 

旦那 スマホ 怪しい

 

そんな疑心暗鬼の状態が続いていた私は、ある日の朝、旦那さんが営業部の会議で遅くなると言われた日、威を決して会社へ電話を入れました。

 

そうしたところ、「◯◯係長(旦那)は6時半前に退社されました」と、電話に出られた方に言われました。

 

不安は的中しました。

 

今朝、家を出る時には社内での会議で遅くなると言っていたにも関わらず、すでに会社後にしていたのです。
これで私の不安は確信へと変りました。

 

それでも、子供達の前では普通にいつも通り過ごし、夜11時前に帰ってきたい旦那さんにも何も言わずいつも通り接しました。

 

この日、帰宅後すぐにお風呂に入った彼は、「仕事で疲れたから」と口にし、そのままベッドに入りすぐに眠りにつきました。

 

私は、この時を待っていました。

 

それは、いけない事だとは分かっていますが、旦那さんのスマホをチェックするためです。

 

ただ、そのためには一つ問題がありました。
旦那さんはスマホに「指紋認証」によるロックをかけていたからです。

 

旦那 スマホ 指紋認証

 

そこで私は、彼が寝静まった頃を狙って彼の指を使ってスマホのロックを解除することにしたのです。

 

とんでもない行動なのは分かっていましたが、このままモヤモヤした生活を続けるは、子供達のためにも良くないと思い、何かしら手を打ちたかったからに他なりません。

 

そして深夜1時すぎに、私は行動に移しました。

 

旦那さんは、一度眠ったら少々の物音などではビクともしないことは結婚前から分かっていましたので、私は躊躇なく彼のスマホを手にすると、そのまま彼の右手の親指をスマホにかざしました。

 

ロック解除です。

 

そして緊張が一気に高まった私は、震える手で彼のスマホを確認したのです。

 

するとそこには、才加という女性とのLINEのやり取りが沢山ありました。
この半年で異常なまでに増えた残業は、明らかにこの「才加」という女性と会うためのものでした。

 

週末の接待と言っていたものも、この女性と会うためでした。

 

この時の私は自分の不安が的中してしまった事に対して、頭の中は怒りよりも呆れといった気持ちの方が大きかったのです。
不思議なもので、この時点で彼とやり直す方向へ気持ちは向いていなかったのでした。

 

勝手に見たスマホの浮気の証拠では離婚を有利に運べないかも

 

旦那 浮気証拠 不安

 

やり方はともかく、私が感じていた不安は見事に的中してしまいました。

 

翌朝、何もなかったかのようにいつも通り旦那さんを送り出して子供達を幼稚園へと見送った私は今後について考えました。

 

旦那さんの浮気は間違いないです。

 

そこだけはどうしようもない事実でしたが、旦那さんの目を盗んで勝手に見た浮気相手とのスマホのやり取りでは、もし離婚を切り出すとしても、あまり具合がよろしくないと感じていたので悩みました。

 

それに、LINEのやりとりだけでは絶対的な浮気の証拠とは言えないのかもしれないという不安もありました。
あの日の夜、私はそのLINEの内容を記録している訳でもないし、彼が消してしまえばそれまでです。

 

しかし、もう私は彼の裏切りを許す事はできず、愛情は100%子供達だけに向っています。
もはや離婚という選択肢しか自分の中にはありませんでした。

 

後の事を考えればプロに依頼して証拠をしっかり抑えるべき

 

結局私は色々考えた末に、探偵事務所へ浮気調査を依頼することにしました。

 

プロの調査で、旦那さんの浮気の証拠をしっかり抑えるべきだと思ったからです。

 

こういうことは自分でなんとかするのはリスクも不安もあった事に他なりませんが、結果的には、探偵事務所から動かぬ証拠も提出され、その後離婚は無事成立しました。

 

浮気相手の女性は、取引先の病院の看護婦さんだったようです。
彼女が努めている病院の院長のセクハラの相談に乗ったりした事がキッカケで男女の中になったようでした。

 

キッカケはどうであれ、裏切られてた事実を私は許すことができなかったのですが、離婚した事に後悔はなく、今は子供2人を実家につれて戻り仕事も始めました。

 

ちなみに離婚後の彼は、浮気相手の女性と結婚しました。
どうやらできちゃった婚のようでした。

 

離婚して良かった・・・。

 

改めて感じた瞬間でした。

 

私もまだ30代半ばなので、今すぐでなくても新しい出会いが自然と出来ればとなんとなく思っています。

 

 

PS. 浮気の証拠を手に入れるには、プロの探偵に依頼する方が無難だと思います。

 

もし自分のパートナーがどうしても怪しいと確信がある程度持てるのであれば、探偵事務所に依頼してハッキリさせてからどう行動するか考えられる事をおしすすめします。

 

余程自信というか、その後の段取りがしっかりできていない限りは、決して自分でなんとかしようと思わない方が賢明だと言えますので。

 

 

浮気調査・不倫調査の探偵事務所選びの無料相談なら【探偵さがしのタントくん】

 

探偵さがしのタントくんは、全国の優良探偵事務所の中から相談者の方にあった会社を無料で診断してくれるサービスです。

 

サイト内の<無料診断>は24時間いつでも、わずか2分で行なえます。

 

匿名での相談が何度でも可能となっていますので、個人情報を伝えることなく探偵事務所選びができます。

 

厳しい審査基準をクリアした探偵事務所のみが登録されているため、安心して相談することができるのが、「探偵さがしのタントくん」の特徴です。

 

全国対応で、浮気のトラブル解決、対策のアドバイスをしっかり行なってもらえます。

 

2分で出来る匿名の無料診断はこちらからどうぞ

 

 

探偵さがしのタントくん

関連ページ

若い妻の浮気が心配になった旦那さんの体験談
52歳の私が結婚したのは、25歳も年下の27歳の女性でした。 同年代の友人からは羨ましいと言われるものの、実は妻が浮気をしているのではないかと心配になっていたのです。 結婚から2年。私の勘違いなのか否かハッキリさせるためにとった行動とその結末についてのお話です。
旦那さんが週の半分は家に帰らない状況が怪しすぎた結果
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。
35年連れ添った生真面目な旦那が初めて私を裏切った?
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。 今回の熟年夫婦の場合は意外な結末が待っていました。
旦那の浮気の代償はお金や子供以外にもある
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。 その代償は、お金や子供以外にも大きなものがあるのです。
お酒の席での浮気は許す?隣の奥さんの反応にビックリ
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。 浮気に対する考え方は奥さんによって本当に違うものなのです。
夫に年上の愛人の存在が判明、もはや浮気レベルではない状況に
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。 今回は奥さんよりも年上女性に夢中になってしまった旦那さんのお話です。
私の妹が夫を誘惑?浮気相手はまさかの身内だった
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。 今回は、旦那さんの浮気相手が妻の身内だったケースです。
夫婦揃って浮気、子供がいないのがせめてもの救いでした
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。 今回は、夫婦揃って身近な相手との浮気に走ってしまったケースです。
旦那の浮気を許す事に了承した私、でも最後は離婚を選択
世の中で起こっている旦那さんや奥さんの浮気・不倫の体験談をご紹介します。 今回は、旦那さんから浮気を容認するように求められた奥さんの体験談です。
夫の浮気相手は同じ会社に勤める年上女性と判明!私の下した決断とは?
旦那さんが同じ会社で働く女性と不倫。 その事実を知るまでの奥さんの苦悩と決断の話になります。